Safety

Active and Passive Safety

強靭なユニボディに7つのエアバッグを備え、万一の事故の際もトップレベルの衝突安全性で乗員を守りぬきます。さらに、RSC付アドバンストラック®をはじめ、数々の先進技術が事故を未然に防ぎます。

Airbags all-round

もしもの事故の際には、合計7つのエアバックが作動しあらゆる衝撃から乗員を保護します。軽量ユニボディは高強度な超高張力鋼板などで構成され、今まで以上に高いボディ剛性を実現しました。EXPLORERはフォードSUVとして考えうる最上の安全に取り組んでいます。

Airbags all-round


Blind Spot Information System

BLIS™ (ブラインドスポット・インフォメーション・システム)は、走行中に左右のドアミラーから後方、バンパーから約3mまでのブラインドゾーンの情報をレーダーセンサーがキャッチ。車両を検知すると、ドアミラーに内蔵したインジケーターを点灯させてドライバーに警告し、安全な車線変更をサポートします。

Curve Control

カーブコントロールは、オーバースピードによる旋回やカーブのコースアウトを未然に防ぐためのシステム。瞬時にエンジン出力を絞るのと同時にブレーキをかけ、車両がコース外に飛び出すのを防ぎます。

Curve Control


Advance Track®with RSC™

RSC™(ロール・スタビリティ・コントロール)付きアドバンストラック®は、複数の制御システムを複合的にコントロールします。常に車両状況のモニタリングし、危険を感知するとエンジン出力を絞り車両を安定させリスクを回避します。


Hill Start Assist

傾斜角5°以上の登り坂での再発進をサポートします。ブレーキペダルからアクセルペダルへと踏み換える際にブレーキ状態を自動で維持し、車両が下がることなく安全にスタートさせます。

Cross Traffic Alert (CTA)

CTA(クロストラフィックアラート)は、駐車スペースからバックで退出する際に後方左右からの車両の接近(最大14m)を検知。
他の車両がいる場合は警告音とドアミラー内臓のインジケーターの点滅によってドライバーに知らせます。

Cross Traffic Alert (CTA)
Disclosure

    *掲載されている車両は一部日本仕様とは異なります。